読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨモジジ(freaks ver.)

本と雑貨と音楽と、街歩きが好きなオッサン。1981年生まれの珈琲難民が好き放題に語る。レビューのためのブログ。

「豊乳肥臀」<上巻>著:莫言

ノーベル賞と聞いて身構えて読んでた感はあるけれど、
割とオーソドックスな小説だと思う。


上巻では日中戦争の流れを濃く写しとりながら
7人の姉たちのそれぞれの半生を見せていく。
僕は細雪を思い起こしていた。

あんな絢爛な舞台ではないが、地元の有力な家ではあり、
その社会的な地位の変動が個人に落としていく影とか。
ただしこちらは生臭い。そして、死が近すぎる。


姉の中では鳥の巫女になった話が特に印象的だったかな。
狂人への畏れとそこにある美しさは確かだ。
我々は狂ってないフリをして美しさだけ戴こうとする。


主人公はまだ青年にもなっていないまま上巻を終えてしまった。
いや、上巻の半分くらいは赤ん坊であったような気がする。
誰かが爆死してもお乳が飲めないことに恨み言を言うような
主人公の視点が延々と続いていたのだ。

これは確かに、並々ならぬ筆の体力だと思う。

豊乳肥臀 (上)

豊乳肥臀 (上)

マローヤ牧師は、首をつづけさまに振って、
「いかん、いかん。狗(ゴウ)だの猫(マオ)だのと、神の御心に背いておるのみならず、孔子さまの教えにも背いておる。孔子さまの曰く、<名が正しからざれば、言は順(したが)わず>、とな」
「わたし一つ考えついたんだけど、どうだろうね、上官アーメンというのは?」(p.137)